器との付き合い方

HOME ≫ 器との付き合い方

 
 

陶器と磁器

和食器には、【陶器 = 土もの】と【磁器 = 石もの 】があります。

「陶 器」→ 原材料が土でできたもの。
「磁 器」→ 原材料が土と石を砕いた粉(水など加えて粘土にして使います)でできたもの。

・陶器は、とてもデリケートですので、お手入れや扱い方に注意が必要です。 
     土でできていますので、温かみがあり、やわらかい感じがします。

・磁器は、磁器は通常陶器より高い温度で焼かれる事が多く、そのため、陶器より硬く焼き締まります。
     その結果、破損しにくい器ができます。
     ご家庭にある食器のほとんどが、磁器です。

陶器が届いたら

米ぬかを入れた水か、米のとぎ汁を、器がかくれるぐらい鍋にいっぱい入れて中弱火で煮沸してください。
鍋に入らない大きな器は一晩つけ置きでもOKです。
★これで器の焼を堅く締めることになます。また、土肌の目が詰まるので汚れがしみにくくなり、汁もれも防ぎますよ。

磁器が届いたら

熱めのお湯で充分に洗い流し、柔らかいスポンジなどで軽くこすってください。
この時、色絵や金彩などを傷つけないように気をつけてくださいね。

使う前にしていただくこと

陶器は、土ものの性質上、多少のしみこみがあります。それを、防ぐためにやっていただきたいことです。

・使う前に、水にくぐらせて充分に水分を吸わせてから使います。(特に焼締めの器などはよく水を吸わせてください)
  ★料理を盛る前に水にくぐらせておきますと、驚くほど水を吸ってつやのある、料理映えのするうつわに変身しますよ。

使い終わったら

洗い方と普段のお手入れ法です。

・使い終わった器は早めに洗ってください。汚れたまま放置はしないでくださいね。(シミやにおいの原因になります)
 また、食器洗い機は大変便利ですが、面倒でも手で洗うようにして下さい。
★最後にちょっと熱めのお湯をかけますと、曇らずにすっきりと乾き、後が 楽ですよ。

・土ものは充分に拭いてから風通ししてください。

 これをしないとカビがはえることがありますので注意してくださいね。

困った時の豆知識

●表面や貫入にシミがついてしまった時、

 表面のシミ・カビなどは、漂白剤入りの水につけ置きを試してみてください。
 ただし、土にまでしみこんだ場合は、とることが難しくなりますのでご注意ください。
   ★天気が良い日は、食器棚の扉を開けて風を入れてあげることもいいですよ。器が喜びます。

●においが気になる時、
 多少の匂いでしたら、重曹入りの水に半日~一日ほどつけ置きし、しっかり乾燥させてください。
 一度でにおいが取れない場合は、 何度か繰り返してくださいね。

ライン
配送のご案内

クロネコヤマトにてお届けします。

10,800円(税込)以上お買い上げの場合、送料無料です。但し、北海道・沖縄を除く。

配達日指定可・配達時間帯指定可

※北海道・沖縄地方は、到着までにお時間が掛かります。

お支払方法

●代金引換

 代引手数料:一律324円(税込)

●銀行振込

 手数料お客様負担(前払い)、入金確認後の発送となります。

●郵便振替

 手数料お客様負担(前払い)、入金確認後の発送となります。

●カード決済

 ≫クロネコwebコレクト【クレジットカード払い】を採用しています。

個人情報について

HINATAでは、お客様の大切な個人情報を許可なく第三者に開示するようなことは

絶対に致しません。

個人情報はお取引のみに使用し、厳重に取り扱いいたします。

HINATA

■オンラインショップのみです。

所在地

  〒491-0026 愛知県一宮市和光2-7-18

    畦地 容子(あぜちようこ)

      電話 (0586)71-7224

      FAX (0586)71-7224

      メール info@shop-hinata.com

▲このページトップへ